便秘に悩む人へおすすめしたいえがおの青汁

私は以前から青汁は体にいいし食物繊維も豊富なので飲んでみたいと思っていました。
ですが青い野菜ばかりがぎゅっと凝縮されて詰まった食品なんてあまりおいしくないという
勝手なイメージがあったのでなんだかんだで買わずにいたんです。
ですがつい最近母親が「これ、いいわよ」と渡してくれたのが「えがおの青汁」です。
テレビCMで「えがおの黒酢」というのは見たことがあったので存在は知っていたのですが
この会社から青汁が出ていたのは知りませんでした。
最初普通に飲んでみたのですがちょっと苦味を感じてしまって苦手な味がしました。
ならばとここへ牛乳を入れてオレ感覚で飲んでみました。
すると抹茶オレのような味に変わってとてもおいしくてついつい2杯も飲んでしまいました。
飲みやすい方法を見つけたので喜んでいたのですが、それ以外にも嬉しいことがもう1つ。
それは翌日今までにない快便だったということです。
腸から老廃物がすべて出切ったという爽快感がすごいんです。
今まで便秘で悩んでいたので久しぶりにこんなにすっきりしてとても気分がいいです。
そのまま飲み続けていたところ、宿便もでてくれたおかげかぽっこりしていた下腹がぺたんこになりました。
ひょんなことから母親にすすめられて飲んだえがおの青汁ですが、もう私の生活にはかかせない食品となりました。
これからも毎日飲み続けたいと思っています。

 

 

ダントツで便秘にはカレーです。

以前、便秘で悩んでいました。
しかしながら、今は便秘の悩みはありません。
それは、改善したからに他ならないからです。
どうやって改善したかといいますと。
食事で改善できました。
カレーです。
カレーは結構おなかに重たいと思われがちです。
実際には、個人的な感想ですが、そうです。
少し重たいです。脂と塩のカタマリという人もいます。
わたしの場合は、カレーを食べる日は、他の食事を制限するようにしています。
カロリーがどうしても高くなるし、カレーをしっかり食べると、他に食べたくなくなりますから。
カレーを食べるということは、あの辛味が胃の中で暴れてくれます。
これにより、新陳代謝が活発になり、胃の動きが活性化されるのです。
胃の動きが活性するということは、腸にも影響がでます。好影響です。
週に一度は必ず、昼食をカレーにしています。しかしここで注意したいことがあります。
カレーといっても、甘口では意味がありません。辛口をおすすめします。
大丈夫な人ならば、激辛がもっといいと思います。
一度だけでは体感できませんが、これを週に一度、三か月続けたら効果が出ました。
個人差はもちろんあるでしょうが、とにかくカレーはおいしいので、便秘対策におすすめです。

 

 

青汁と玄米で便秘解消

便秘になると、お腹ははるし、痛いし、全身の代謝が悪くなって太る原因になります。
便秘になっていいことなんてないですよね。下剤や浣腸するなんてことはしたくないし、やっぱり自然に出てほしい。
それを叶えるには、健康食品の代名詞ともいえる青汁が欠かせません。
青汁にはたくさんの栄養素と植物繊維が含まれていて、野菜不足の方にはオススメです。
しかし、青汁といえばマズイ!がイメージとしてありますが、最近の青汁は抹茶風味だったり飲みやすいように改良されています。
どおしても味が苦手だったら、牛乳などに混ぜるクセもなく飲めます。
青汁を飲むと、便が緑っぽくなります。これは、野菜を多く摂れている証拠です。(肉ばかり食べると赤っぽくなります)
野菜を多く摂取が続ければ、便もスムーズに出やすくなります。だから、青汁も毎日続けましょう。
 もう一つ便秘にいいのが、玄米です。毎食食べている白米を玄米に置き換えるだけで、植物繊維が豊富に摂れます。
玄米には、フィチン酸という成分がデトックス効果を発揮し、不要なものを体外に排出してくれる効果もあります。
デメリットとして、カルシウムやミネラルの吸収を妨げるので、一緒に青汁を飲めば補えます。
青汁と玄米で便秘に悩まない体にしてみませんか?楽しい人生が待ってますよ!

 

 

「えがおの青汁」が選ばれる訳とは。

現在、「青汁」と呼ばれる健康食品の中で、高いシェアを保ち続けている「えがおの青汁」。
なぜ「えがおの青汁」が高い評価をこれ程受け続けているのか。
それには理由が有ります。
「青汁」を飲まれる方には、便秘の悩みを抱えている女性を中心に様々な健康効果を期待して
「青汁」を摂取して飲んでいる方が大勢いらっしゃいます。
「青汁」には便秘に効果のある成分が含まれている青汁とそうでない青汁の2種類があります。
「えがおの青汁」をお飲みいただいた方からの声には、「えがおの青汁を飲んでからお腹の「ぽっこり」が無くなりました」
との声が多数あります。
このエピソードから、「えがおの青汁」には便秘を解消して飲み続けていらっしゃる方が大勢いらっしゃる事が判ります。
便秘は「規則正しい生活」と「食物繊維を多く含んだ食事」と「超のぜんどう運動を促す為の運動を行う」、
この3つがとても重要になってきます。
「えがおの青汁」を飲む以外にも、これらの3つのポイントを実践して便秘が解消されたという女性は数多く居るとのこと。
その具体的な方法については、「睡眠時間をたっぷり取って、ラジオ体操をして、
ごぼうやキャベツなどの食物繊維を多く摂る様に食事の面で心がけて実践した」方が実際に便秘を解消する事に成功され、
胃腸の健やかな状態を取り戻したとの報告があります。

 

 

えがおの青汁で便秘が治った

私は昔から便秘に悩まされていました。小学生のころには、すでに便秘気味だったと思います。
お通じがあるのは一週間のうち三回程度、五日間お通じがないということもあります。
便秘になると、肌荒れはするしお腹は膨らむし、身体が重たいしで、何もいいことがありません。
昔は便秘がつらすぎて、便秘薬に頼ったこともありました。
しかし、これだと根本的な解決にはなっていないと思い、食事を改善したこともありました。
たくさん野菜を食べるようにしたのですが、それも限界があり、だんだんと野菜を食べるのが嫌になってきてしまいました。
そして、結局便秘は治りませんでした。
そんな私ですが、最近やっと便秘を解消することが出来ました。それは、えがおの青汁のおかげです。
私は毎朝えがおの青汁を一杯飲んでいるのですが、そのおかげで便秘が解消し、毎日お通じが来るようになりました。
おそらく、笑顔の青汁でたくさんの栄養を取り、腸内環境が良くなったのだと思います。
便秘が治った影響で、肌荒れも治り、少し体重が落ちるという、嬉しい効果もありました。
食事を改善したり、野菜を沢山食べるのはなかなか大変ですが、青汁を飲むだけなら、簡単に便秘を解消することができるので、
かなりオススメです。